少年事件を担当する弁護士について

少年事件を担当する弁護士について

少年事件専門の弁護士をサイトで見つけました。

どうして少年事件を専門とするのだろうと思いサイトを見てみたら、少年事件だけを受けているわけではありませんでした。

ですが、手続きなど、少年事件と刑事事件では違う点がいくつもあるようなので、慣れた弁護士にお願いする方がいいのだろうなということは分かりました。

専門や強いと宣伝している弁護士はやはり刑を軽くすることを強調していましたが、専門の方のサイトで未成年の犯罪では周りに知られる事に気を使うのだと言うことを知りました。

学生の場合は、学校への配慮や対処方法です。

親や保護者としてはなるべく周りには知られたくないと思うでしょうし、家族もその場所に住みづらくなりますよね。

罪を犯す方が悪いという方もいるでしょうが、1度、更生のチャンスをあげてもいいのではと思う犯罪もあるのではないでしょうか。

罪にチャンスを与えるのでなく、人にチャンスを与えるのです。

自信があるから専門と言えるのでしょうね。

テレビやゲームの影響について

少年事件と聞いて、どうしても考えるのは親の教育と、時代の影響ですよね。

子供達の会話では、非現実なものが現実のように話されていると思いませんか。

外出先でもゲーム機を手放さない子供もよく見かけます。

テレビはテレビ、ゲームはゲームとして大人は分かっているつもりでしょうが、正と悪を正しく判断できないうちからゲーム漬けの毎日を送ってしまうとどうなるのかと思います。

少年事件を起こす未成年もゲーム感覚ということが多々あるように思います。

そういう風に育ってしまった子と弁護士や警察はどう話すのでしょう。

更生施設では当たり前のことを教わるのでしょうが、理解するまでにどれだけかかるのでしょう。

少年事件を担当する弁護士の話

もし、自分の子供が世間で言うところの当たり前なことができないまま、責任能力を問われる中学生以上になってしまうと考えるだけで恐ろしいと思います。

ゲームや非現実的なテレビの世界に暮らしている子に弁護士はどういう手を差し伸べるのでしょうか。