未成年に問われる刑罰とは

少年事件といえば、未成年者の犯罪ですよね。

未成年は年齢によって問われる責任が違います。

年齢や罪の重さで変わるのは当然ですが14歳未満であれば、刑事責任にとわれることはありません。

犯罪が低年齢化している今は年齢による保護も問題になりつつありますよね。

14歳以上になると弁護士がつくこともありますが、まだまだ付かないことも多い審判が行われます。

自宅で保護観察ということもありますし、少年院、自立支援施設など罪によってさまざまです。

凶悪と言われるような犯罪になると、検察官へ事件がまわり、裁判がおこなわれることになるようです。

裁判になると弁護士は付きます。

裁判にまで発展する犯罪は、おそらく少年刑務所へ行くことになると思います。

最近は、少年事件と呼ばれる未成年の犯罪が増えて、事件の度に親はどういった育て方をしていたのか、周りの人は気づかなかったのかなど、親の監督責任や行政、自治体の責任などという言葉をよく聞きますよね。

親にも損害賠償請求されることはもちろんあります。