少年事件の経験が多い弁護士

インターネットで検索していると、少年事件に強いという弁護士という文字を見つけました。

強いとはどういう意味で使われているのかとそのサイトを見てみましたが、刑罰を求刑よりも軽くしていると言うことを強調されているようでした。

少年事件の場合、一般的には弁護士を依頼するのは親などの保護者ということになるでしょう。

少しでも刑を軽くしたいということと、賠償責任が問われる時に、間に入ってもらいたいということが在るのかも知れません。

加害者と被害者が直接話すことは難しいですし、避けた方が良い場合もあるでしょうから、弁護士を依頼する方が良いと思われるのではないでしょうか。

確かに、周りの人に相談することもできないでしょうし、経験を積んだ人の方が力強いと思えるでしょう。

警察に相談したいところですが、警察にも出来る限界がありますよね。

他にも少年事件専門の弁護士という方もいらっしゃるようです。

それだけ、事件が増えていると言うことなのでしょうか。