産後に行いたい骨盤矯正

産後の骨盤矯正の方法や行うメリットを紹介しています

骨盤が歪むデメリットと骨盤矯正の方法

骨盤の歪みを放置するリスクを知る

産後は女性の体も大きく変化しますが、特に骨盤は妊娠や出産の影響を受けやすい部分です。出産は自然分娩の人、帝王切開の人がありますが、いずれの場合も出産は骨盤に大きな負担が掛かりますし骨盤は開いてしまいます。開いた骨盤は少しずつ閉じていきますが、妊娠前と同じ状態に戻すのは難しいものもあります。骨盤の歪みや開きを放置していると、O脚や下半身太りなどスタイルを崩してしまうことにつながりますし、冷えや生理不順、むくみや便秘などの不調も起きやすくなってしまいます。さらに出産後は骨盤底筋もゆるみがちですので、放置していると尿漏れなども起こりやすくなります。スタイルを早く元に戻すためにも、産後の体の不調を防ぐためにもやはり骨盤矯正はきちんと行っておきたいところです。

自宅で行える骨盤を矯正する方法

産後の骨盤の歪みや開きを改善するのであれば、自宅で行えるトレーニングや器具なども取り入れてみましょう。まず、体の回復状態を確認して行うことが大事ですので、骨盤ベルトや運動などを始める時期も担当の医師に相談しておくことが大切です。自宅で行えるエクササイズとしては、フラフープのように腰を回す運動やストレッチ、ヨガなどがあげられます。体の回復具合に合わせて無理のない方法を選びましょう。さらに、骨盤矯正に役立つ商品としては骨盤ベルトやショーツ、ガードルなどがあり、装着するだけで骨盤を正しい位置に戻すことをサポートしてくれます。こうしたグッズも正しい使い方をすることが大事ですので、使用方法は良く確認し、安全性の高い良質な商品を選びましょう。自宅で行える努力だけでは良い改善が得られない場合はプロの施術も検討したいところです。

プロの技術で骨盤を正しい位置に戻す

よりしっかりと骨盤矯正を行うのであれば、プロの技術を利用してみることもおすすめです。最近では骨盤矯正を行う整体やサロンも増えており、出産を経験していない人も骨盤の歪みを改善するために訪れています。この場合も安全な施術を行うことが大事ですので、サロンや整体院の評判や実績は良く確認しておきましょう。マシンを使う施術を行うところもあれば、オールハンドで対応しているところもありますので、それぞれの施術内容は良く確認しておきたいところです。骨盤矯正となると痛みが強いというイメージもありますが、最近はより痛みの少ない施術を行う治療院やサロンも増えています。自宅では行うことができない強力な矯正が行われますので、一回でも良い改善が期待できます。歩き方や座り方に問題があることも骨盤を歪めることにつながりますので、施術の効果を維持するためにも歩き方や座り方なども気をつけていきましょう。

人気記事ランキング